レシピアイコン

Recipe

おいしく、時短にも役⽴つ「ホームフリージング」

9月1日は「防災の日」。最近は普段使っている食品を少し多めに買い置きして、消費期限が古いものから使い回しながら備蓄する「ローリングストック」が注目されています。

そこで活用したいのがホームフリージング(冷凍保存)です。ポイントを抑えれば2〜4週間保存が可能!今回はオススメの食材と冷凍する際のポイントをご紹介します。

作り方

豆腐
  • 一度凍らすと水分が抜け、味が染み込みやすくなります。冷凍するときは、水気を切り、ラップで包んでから保存袋に入れて冷凍庫へ。調理しやすい大きさに切ってからでも、大きいままでも冷凍できます。パックのものはそのまま冷凍しても可。解凍は、電子レンジで解凍するか、冷蔵庫に移して解凍します。解凍後、軽く水洗いしてから調理するとおいしくなります。

トマト
  • 丸ごとの場合は洗った後、水気を拭いてからラップで包んで保存袋で冷凍します。切ったものもラップに包んでから保存袋へ。水分が多いので解凍後は、ソースやスープに使うとおいしくいただけます。

パプリカ
  • 洗って種を取り、好みのサイズに切り、水分を拭いてから冷凍します。火が通りやすくなっているので、炒め物やスープなどの料理にオススメです。

オクラ
  • 洗って板ずり(※)し塩付きのまま熱湯でゆで冷水で冷まし、好みの大きさに切り、保存袋に入れ、冷凍庫へ。

    板ずり=食材に塩をまぶして、まな板などでゴロゴロ転がす下ごしらえ。キュウリのように生でいただくものは塩を洗い流します。

そうめん、うどん
  • 一度ゆでた乾麺が残ったら、ラップで小分けに包んで保存袋で冷凍します。料理するときは、熱いスープに冷凍のまま入れ、ひと煮して使います。ゆでたパスタも同様。生タイプのソバやラーメン、うどんは生のままの冷凍がオススメです。

インゲン
  • 筋を取りゆでてから水にとり冷まし、好みのサイズに切り、水分を拭いて冷凍します。

キムチ
  • 冷凍にオススメなのは「白菜キムチ」。汁ごと保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍します。2〜3週間保存可能です。

    大根やキュウリのキムチは冷凍には向きません。

キャベツ、玉ネギ
  • 使いやすいサイズに切ったものを保存袋に入れて冷凍します。

    おいしく、時短にも役⽴つ「ホームフリージング」作り方写真

生姜
  • せん切りや薄切り、おろしなど、好みのサイズに切ってからラップで小分けに包み、保存袋に入れて冷凍します。

ニンニク
  • 好みのサイズに切って冷凍する場合は生姜と同様。大きいまま冷凍する場合は、皮付きのままラップで包んで保存袋に入れて冷凍します。使うときは1〜2分室温に置くと切りやすくなります。

ゴーヤ
  • 洗ってから縦2つに切り、タネとワタを取って、4〜5mmの厚さに切り、水分を拭いてから保存袋で冷凍します。苦味を減らしたい場合は、ゆでてから冷凍しましょう。ゆでると解凍後、加熱しなくても和え物やお浸しなどにできます。

シメジ
  • 石づきを取り、小房かバラバラにして保存袋に入れ、冷凍します。

マッシュルーム
  • 軸を1〜2mm切り、好みの形に切り、保存袋で冷凍します。キノコ類は水で洗わず、汚れが気になる場合は水で濡らしたキッチンペーパーで拭いて使います。

  • そのまま冷凍する場合は水分をよく拭いてからラップで包み、保存袋に入れて冷凍。味付けする場合は、調味液と一緒に保存袋に入れ、空気を抜いてから冷凍します。解凍は、冷蔵庫に移して解凍します。

    おいしく、時短にも役⽴つ「ホームフリージング」作り方写真

  • 使いやすいサイズに切ってラップに包み、保存袋に入れて冷凍。ポイントはあまり厚みをもたせないようにすること。味を付ける場合は魚と同様です。

    おいしく、時短にも役⽴つ「ホームフリージング」作り方写真

清野料理教室・清野 陽子(せいの ようこ)さん

清野料理教室・清野 陽子(せいの ようこ)さん

栄養士。宮城学院大学家政科卒業。 「ル・コルドン・ブルー」(フランス)留学、グランディプロム取得。

清野料理教室

仙台市宮城野区平成1-3-12

022-237-5736

http://www.seino-cooking.com/